体にいいもの探してみました|漢方・食材・薬膳など

体にいいもの探してみました|漢方・食材・薬膳など

漢方薬カタログ

漢方薬カタログ

中国などの医食同源の考えがあるように、漢方の考え方は、日々の食事から滋養強壮を測るものです。即効性のある医薬品を求める前に、自身の体の環境改善を求めてみてはいかがでしょうか?

 

あきょう

牛・馬・ヒツジ・クジラなどのど物の皮や骨を似て取り出します。成分は今度凛・グルチンなどで、強壮効果があります。医食同源の中国では、豚足料理に強壮作用を求めているのも、あきょうの成分を取り入れることからきています。

 

ういきょう

西洋医学で言うアニスと同じです。成果の多年草で、果実は古くから、媚薬・強壮剤として用いられてきました。においの強い食べ物を食した時の招集としても利用されてきました。多少の苦みがありますが、胃腸の調子を整えて、上部にしてくれる作用があります。

 

うこん

黄色い色をしています。ショウガ科の植物で、日本では沖縄で多く三倍されています。カレーの材料に使われたり、ウコンドリンクなども有名です。服用することで、体を丈夫にし、体力をつけ、若返りの効果もあるといわれています。

 

うず

加熱処理をしないと毒性がある植物です。市販されているのは、すべて熱処理をして毒性を抑えたものです。強心臓作用があり、体力が衰えている時に服用するといいでしょう。

 

おうぎ

マメ科の植物で、ビタミンEを豊富に含む、リノール酸が主成分です。アジア全域に生息していますが、中国や韓国産がほとんどです。滋養強壮成分に富み、疲労しやすかったり、ストレス改善に効果が期待できます。

 

おうれん

キンポウゲ科の植物です。神経を鎮める効果があり、心臓の動悸も抑えてくれます。強壮剤というよりも、競争が強すぎて、頭に上った値を下げる働きのある成分です。高血圧に人には性行為の前に飲むことで、血管にかかる負荷を下げることができます。

 

かしゅう

つるどくだみの根です。強壮作用・細胞活性化作用があるとされています。神経を鎮める働きがあり、理想的な強壮剤です。虚弱体質の人が性行為時の体力をつけるのに適役です。

 

がじゅつ

インド・ヒマラヤの高原に生息するショウガ科の植物です。胃腸薬として知られており、東南アジアでは根を砕いて利用しています。体全体の機能の回復に作用し、疲れた体を回復してくれます。

 

かっかう

シソ科の植物です。東南アジアでは、パチョリーと呼ばれています。体力が低下し、慢性的な精力不足、勃起不全などに悩む人にて規約です。精神的な倦怠感を取り除く作用も期待できます。

 

かんぞう

昔の日本では、この草からとった甘みを体力回復に利用していました。服用することで細胞を活性化することができ、衰えた精力を回復する働きが期待できます。病前病後の体力回復に服用するといいでしょう。

 

けいがい

シソ科の植物です。体力が低下し足り、手足の冷えや、貧血気味の時に服用することで症状の改善が見込めます。服用することで体の血行を促進し、発汗作用があります。

 

けいし

西洋で言うシナモンのことです。古くから媚薬として重宝されていました。独特の甘い香りがムードを高めてくれると考えられていました。漢方としての作用は体の熱を下げて、弱った胃腸の調子を整えてくれる作用があります。

 

こうべい

脱穀していない稲の実です。タンパク質、脂肪、糖質、ビタミンなどを多く含んでいます。っこれを煎じたものは滋養強壮剤です。神経を落ち着かせるのに利用されることもあります。

 

ごま

ゴマからとった胡麻油ともども、滋養強壮の効果が期待できます。細胞を活性させる働きがあり、傷口に塗り込むことで、直りが早くなります。

 

さいこ

成果の植物の根です。肝臓に作用し、人体の解毒作用を高める作用が期待できます。漢方では体質改善の効果を期待して用いることが多く、虚弱体質の人の勃起不全などには、さいこの長期間の服用で改善することもあります。

 

さいちゃ

中国産のお茶の粉末です。カフェインなどを多く含みます。アジアを代表する媚薬です。服用することで精神を活発化し、興奮させる作用があります。疲労回復や、勃起不全解消などの効果が期待できます。

 

さんしゅゆ

ミズキ化の期の実です。食べると酸っぱい味がします。乾燥させて煎じて飲みます。腎機能を向上させて、勃起不全解消の効果が期待できます。

 

さんそうにん

クロウメモドキ科の植物の種です。精神性勃起不全に効果を発揮します。不眠症、神経衰弱気味の人にお勧めです。

 

さんやく

ヤマノイモの皮をむいて乾燥させたものです。精力の元となるアミノ酸を多く含んでいます。

 

じおう

ゴマノハグサの植物の根です。腎機能の低下、泌尿器系の機能低下、勃起不全に効果が期待できます。全身の倦怠感にも効果があります。

 

じこっぴ

千人の食物とされている、クコの根を乾燥させたものです。体力が低下している人にお勧めです。

 

じゃようし

セリ科の植物です。強壮薬としてもちいられるほか、に出した汁は、皮膚病にも効果があるほどエス。

 

しゃぜんし

オオバコの実、江戸時代の日本ではオオバコは強力な強精剤でした。現在でも、中年以上で頻尿のある方に有効で、若さを取り戻すことのできる生薬とされています。

 

しょうのう

虫よけとして使用されることもありますが、人が服用すると興奮薬としての作用も期待できます。心臓の働きを活発にします。

 

じんこう

インドではお香などに用いられることがあります。家具と神経が安定しリラックス効果が期待できます。寝室でこの香をたくと、性感がアップすると言われています。

 

しんしゃ

鉄粉のこと。飲むことで鉄分を補給することができ、精力を増強する働きがあります。

 

ずがに

モクズガニの甲羅を焼いて粉末にしたもの。強精剤として用いられています。デトックス効果も期待することができます。

 

せっこく

ラン科の植物です。アルカロイドを成分に含んでいるので、胃に症状のなる方に効果が期待できます。勃起不全の治療薬として日本でも昔から使用されていました。

 

せんきゅうセリ科の植物です。そのまま煎じて使用することもありますが、値をゆでて乾燥させたものは、血流を良くして、精力アップ、神経をリラックスさせる作用があります。女性には月経異常の薬にもなり、男女ともに利用できる生薬です。

 

たいそう

干した棗の実です。これを煎じて飲むことで神経を緩和させて、性行為がうまくいきやすくなります。中東や中国では昔から、寝室に常備されている生薬でもあります。

 

とちゅう

西洋ではグッタペルカとして知られています。樹液はゴムのようになって、人工皮膚として使用されることもありました。わかりやすく言うと、植物性のフカヒレのような感じです。強壮・強精作用があり、市販されている精力剤には良く配合されています。

 

にんじん

高麗人参のこと。性欲剤としては昔から親しまれていました。そのために偽物も多く出回っていることから、購入の際には注意が必要です。

 

はんぴ

マムシの皮をはいで乾燥させたもの。生のまま使うよりも乾燥させた方に効果が大きくなります。ビタミンが豊富で、滋養強壮だけでなく、興奮剤としての効果が期待できます。服用することで男女問わずムラムラした気持ちになります。

 

りゅうがんにく

ムクロジ科の竜眼という植物の実です。滋養強壮のほか、ボケ防止にも効果があるとされています。老人の勃起障害を治療するには最適だともいえますね。

 

性欲増強に有効な成分

性欲増強に有効な成分

精力増強にはどのような成分が有効なのかを知っていますか?アルギニンと亜鉛と核酸この3つがバランスよく摂取されることによって、体の性欲が維持できるようになります。このうちの一つでも不足してしまうと、精力増強の働きがとても弱まることを知っておいてください。

 

これらのものが含まれている食材というと、アルギニンならすっぽんやマムシ、核酸なら酒の白子やビール酵母、亜鉛なら牡蠣などが当てはまります。このようなメニューを毎日取り入れることにより精力を維持することができるのです。

 

しかし、これらのものを毎日とり続けるには難しいものがあり、さらにかなりの量を摂取しないと効果がないことから、今ではサプリメントによって不足する成分を補う人が増えているようです。

 

実際にすっぽんエキス・マムシエキス・牡蠣エキスなどが敗亡されたサプリメントや健康食品が多数販売されています。

 

これらの成分を均等にとり続けることななかなか難しいかもしれませんが、サプリメントを利用することで、簡単に摂取することができるようになります。

 

しかし、サプリメントは高品質のものは高額になることが一般的なので金銭的な負担があることは覚悟してください。もちろんサプリメントだけでなく適度な運動をすることはとてもいいことなのです。

 

また、ED治療薬などで、性器を勃起させることも精力維持には有効だといわれています。性行為を行わなくても、勃起させることで体が反応してくれるのです。サイズアップには勃起増大薬 サイズプロウルトラがおすすめです。サプリメントなので天然成分でつくられています。

 

関連サイトのご紹介

 

ネット総合病院 薬のネット通販/医薬品全般を取り扱うネット総合病院


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ